読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リマーユプラセラ原液って使ってどう?口コミレビューをまとめます

リバテープ製薬のリマーユプラセラ原液がシミ、シワ、くすみ・肝斑(かんぱん)などに効果が高いアンチエイジング化粧品として話題です。「プラセンタ」「セラミド」に追加して「馬サイタイエキス」配合で肌老化の原因になる活性酸素を抑えるといいます。プラセラ原液の紹介と口コミをまとめてみました。

リマーユプラセラ原液は満足度の高い美容液!口コミをまとめます

プラセンタ美容液の決定版

f:id:aruponta:20170407173648j:plain

リマーユプラセラ原液は肌のターンオーバーを整えるプラセンタ美容液です。原液とは、加工したり、薄めたりしない前の濃い液体のことを指していて、リバテープ製薬では「主成分が濃い美容液」のことを「原液タイプの美容液」としているそうです。

リマーユプラセラ原液は、ターンオーバーを整え、気になるシミやくすみに働きかけ、透明感のある肌にしてくれることが期待できます。ターンオーバーとは肌の代謝活動のことをいい、このターンオーバーが乱れると肌荒れの原因になります。

プラセンタ美容液というと他の会社からも多数出ていますが、成分がプラセンタだけだったり、濃度があまり濃くなかったりと、正直いざ使ってみてもがっかりするものがありますね…。

プラセラ原液はここが違う!

f:id:aruponta:20170407173906j:plain

リマーユプラセラ原液は、高濃度馬プラセンタを使用。国産(北海道)サラブレッドから抽出したプラセンタを配合しています。

また、肌や髪のうるおいに欠かせない働きをする「高濃度馬セラミド」と美肌に欠かせない有用成分を含んでおり、老化の原因である「活性酸素」を抑える効果も期待できる「馬サイタイエキス」も配合されていて、高い美肌効果を発揮してくれます。

高級な成分をたくさん含んでいるということで、保存料などが心配ですが、プラセラ原液は無香料、無着色、パラベンフリー。薄い白さがありますがほとんど透明色で、水みたいにさらっとしていて、なじみやすくなっています。テクスチャーは少しとろみがありますが、べたつきはありませんよ。

使い方は1日2回、1回あたり5、6滴ほど(100円玉大)を化粧水でお肌を整えた後、気になる箇所に馴染ませて使います。

とはいえ、もっと少しずつ使いたいという方は化粧水に少量混ぜて使う…なんて人もいます。スペシャルケアをしたいときは原液そのままをたっぷり使うのもいいですね。

リマーユプラセラ原液はこんな人にオススメ

f:id:aruponta:20170407174145j:plain

リマーユプラセラ原液は、以下のような方にオススメです。

20代:大人ニキビ跡、毛穴、疲れによる肌荒れ
30代:しみ、しわ、ホルモンバランスや出産後による肌荒れ
40代:しわ、くすみ、ハリ

世代が変わる毎に体もお肌も変化するもので、「今まで気にもしなかった」「最初は顔の一部だったものが気がついたら」など、肌の老化は”いつの間にか”水面下で動いているのです。

若いからスペシャルケアは関係ない…なんて思わずに、若いうちから始めるときっといいことがありそうですね!もちろんそうでない方も気づいた時が始めどきですよ(笑)

リマーユプラセラ原液はたくさんの口コミが寄せられています。

これからこの口コミをまとめていきたいと思いますが、口コミチェックする前にすでにプラセラ原液が気になった方はこちらをご覧ください⇒リマーユプラセラ原液